夏の園と子供達

<編集:一部の発言順を読みやすいように並べ替えました>
<編集:一部の連続した発言をひとつにまとめて、誤字を直しました>



戯言屋@天領 の発言:
 芝村さん、こんばんはー。
 生活ゲームを遊びに来ました戯言屋です。

芝村 の発言:
 記事どうぞ。イベント選択も。

戯言屋@天領 の発言:
 はい。記事はこちらになります。
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2756&reno=2438&oya=2438&mode=msgview

【予約者の名前】00-00307-01:戯言屋:天領
【実施予定日時】2008年8月3日/22:00~23:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【ゲーム時間:消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・八重咲桜子:藩国非滞在:10マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・00-00307-01:戯言屋:国名:入学済:43マイル

 イベントは、とりあえず夏の園で、のんびり泳いだり遊んだり出来ないかなー、という予定です。
(着用アイドレスは、西国人+スターファイター+スターライナー+スターリフター+吏族 です)

芝村 の発言:
 OK。少し待ってね。

戯言屋@天領 の発言:
 はい。

/*/

芝村:
 ここは夏の園だよ
 水着姿で桜子がいる。七海も一緒だ。

七海:
 「きれいだね」


戯言屋:
 「八重咲さん、こんにちは。戯言屋です」
  にっこり笑います。

戯言屋:
 「って、おお、七海ちゃん! 久しぶりー!」

桜子:
 「はい。いつかはおいしいクッキ-をありがとうございました」


桜子:
 「はい」


戯言屋:
 「いえいえ。お構いなく。
  こっちは2008年8月3日ですけど、そっちも夏休みとかですか?」

桜子:
 「ええ」


芝村:
 桜子はあなたに小さな包みを渡した。

戯言屋:
 「うん?」
  とりあえず受け取ります。

戯言屋:
 「これは?」

桜子:
 「お返しです。口にあうといいんですけど」


七海:
 「おいしいよ」


戯言屋:
 「………。おおー」
  なんか感動しているようです(笑)

芝村:
 小さいクッキーだね。うさぎさんや猫さんだ。

戯言屋:
 「くっ! 食べるのが勿体ない!? うわ、俺はどうすればっ」
  なんか軽く混乱してます。というか、食べたらなくなるし!(笑)

七海:
 「たべてあげようか?」


戯言屋:
 「いえいえいえいえ、いただきますっ」
  というわけで、味わって食べますー

芝村:
 たしかにうまい。

桜子:
 「?」


戯言屋:
 「美味しいです。うん。ありがとうございます」
 「じゃあ、今日はのんびり、泳いだり遊んだりしましょうか」
  むちゃくちゃ機嫌良さそうに笑っております。

桜子:
 「はい」


芝村:
 桜子はついてきたよ。
 七海も付いてきた。

桜子:
 「すごいですね。きれい」


戯言屋:
 Q:海ですよね? 時刻は昼とかですか?

芝村:
 A:昼過ぎだよ。太陽は高い。
  桜子はそーと足をつけてる。

桜子:
 「たいへんです。つめたいです」


戯言屋:
 「ははは。熱かったらもっと大変ですから」
  とりあえず、自分も入ってみますー

芝村:
 冷たくて気持ちいい。
 七海は体操した後泳いでいる。

戯言屋:
 「……はっ。ゲームなんで思わず体操忘れてた」
  戻って体操しますー(笑)

芝村:
 桜子は笑ってる

戯言屋:
 「というか、七海ちゃん偉いですねえ」

七海:
 「? なにが」


戯言屋:
 「いや。ゲームでもしっかり体操してるなあ、と思いまして」

七海:
 「? ああ。そうか。まだ、差がある世界なんだね」


戯言屋:
 「? 体操しないと罰金とか、そんな感じなんですか、そっちは」

七海:
 「ううん。単にリアルになりすぎてるだけかも」


戯言屋:
 「へえー」
  という感じで、体操を終わらせますー
  二人は体操とか終えましたか?

芝村:
 二人はとっくに泳いでるよ。

戯言屋:
 「って早っ」
  自分も泳ぎますー(涙)

戯言屋:
 「ふたりともー」
  とりあえず二人のところに行きます。

七海:
 「体操マニアだ」


芝村:
 桜子は笑ってる。

戯言屋:
 「ほほう。あ、そうそう。七海ちゃん、ちょっとこっちこっち」
  七海ちゃんを呼びます。

芝村:
 七海が近付いてきたよ。

七海:
 「なに?」


戯言屋:
 「うりゃりゃー!」
  手で水をかけます(笑)

芝村:
 七海は喜んだ。あなたにかけた。

戯言屋:
 そして本気で(大人げなく)反撃を予想して、八重咲さんのほうに逃げます。

芝村:
 桜子が水をかけられた。

戯言屋:
 「おっと。こちらの人質がどうなって、 ……ってなんか水がかかった!?」

桜子:
 「・・・・」


芝村:
 桜子は怒って七海とあなたに水をかけ始めた。笑った。

戯言屋:
 「うおう、敵ばかり!? 友軍いないしー!」
  まあ、なんというか、大人げなく笑って楽しみます。

芝村:
 はい。20分ほどかけあって、
 今は海に浮かんで太陽を見てる。まぶしい。

戯言屋:
 「……ふにゃー。なんというか、
  もう今回は大人の威厳的なものをいろいろ使ってしまった気が……」

戯言屋:
 なんか、むちゃくちゃリラックスしております。
 2人は、どんな様子ですか?

芝村:
 七海はあなたとおなじく浮かんでいる。
 桜子はあがって日陰にいる。

戯言屋:
 (おっと。ちょうどいいタイミングかなー)
  八重咲さんのところに行きますー

芝村:
 桜子のもとへ向かったよ

戯言屋:
 「ちょっと疲れましたか?」
  にっこり笑って聞いてみます。

桜子:
 「いえ。日に焼けるので、避難です」


戯言屋:
 「なるほど。んー、じゃあ、ちょっといいかな?」
  八重咲さんが座ってたら、隣りに座ります。

芝村:
 はい。隣に座ったよ。

戯言屋:
 「……さて。八重咲さん、ちょっとお話があります。いいですか?」
  真面目な表情で言ってみます。

桜子:
 「どうぞ」


戯言屋:
 「はい。では、最近のFVBの話題って分かりますか?
  現在FVBがアンデッド達に占領されていて、FVBの国民達がゾンビ化させられて、
  そのボスの狙いは青い玉という凄いアイテムらしいと思いきや、何故かアンデッド達は共和国の
  海法よけ藩国に攻め込むらしくて。その前に今度、ナンバリングイベントでFVBに侵攻する予定です。
  ……というあたりの情報なんですが」

戯言屋:
 Q:八重咲桜子が、過去に生活ゲームのログを読んでいた描写がありますが、
  この応用で、こちら側からゲームログのURLを教えることで、そのゲームログに出てくる
  情報などを伝える、ということは出来ますか?

芝村:
 A:ええ

桜子:
 「知っています」


戯言屋:
 「で、次に最新の情報なんですが。
  敵がFVBの低物理域の範囲を、高度27000まで広げたり、
  なにやら魔法使い系じゃないと対応出来ないらしい大規模な魔法陣を用意していて、
  さらにFVBの冒険艦がゾンビに操られているらしくて、ついでに生物兵器も使うのでは? とか、
  緑オーマらしいので瞬間移動とかしてくるかも? とかいう情報が出てます」

戯言屋:
 r:では、八重咲さんに、
  ポレポレさんと蒼龍号がFVB上空を飛んだゲームログ(http://porepole.blog70.fc2.com/blog-entry-29.html
  竜宮・司さんとユウタさんがFVBを偵察したゲームログ(http://rilyuuguu.at.webry.info/200808/article_1.html
  あとついでにFVBの冒険艦が改修されたゲームログ(http://www23.atwiki.jp/fvb_sakura/pages/353.html
  を、それぞれ見せます。

戯言屋:
 「まあ、戯言屋が知ってる感じの情報は、大体こんな感じです。
  なにか八重咲さんの分析とかで、分かることって、何かありますか?」

桜子:
 「抽象的ですね。冒険艦は戦闘力低いので、無視してもいいと思いますけど」


戯言屋:
 「冒険艦は囮とか、どこかに落とす、という可能性は?」

桜子:
 「ありますね」


戯言屋:
 「んー。物理域を広げて、冒険艦を宇宙に配置したということは、単純に空を警戒している、で合ってると思いますか?」
 「大規模魔法陣を破壊? するのに、空でないとダメとか。そういう可能性は?」

桜子:
 「空警戒は確かです。魔法陣破壊は、割と簡単だと思います」


戯言屋:
 「魔法使い系のエキスパートがいれば、ですか。
  ああ、そうそう。ゾンビって、機械とか操れるんですか? なんか驚いたんですが」

桜子:
 「無理ですね」


戯言屋:
 「え? じゃあ、ボスのアンデッドが直接乗り込んで動かしてる、ということですか?」

桜子:
 「ボスかどうかはさておき、高級アンデッドでしょうね」


戯言屋:
 「へえー。なるほどー」
 「……あー、それと、ですね」

桜子:
 「はい?」


戯言屋:
 「これ。まあその。情報のお礼です。ささやかですが」

戯言屋:
 r:柾之花店(http://www37.atwiki.jp/flowershop/)で買った、
  恥じらいの包装でつつんだユリ一輪を渡します。

戯言屋:
 L:ユリ一輪 = {
  t:名称 = ユリ一輪(アイテム)
  t:要点 = ユリ,1本,後ろ手に隠している
  t:周辺環境 = 微笑む相手
  t:評価 = なし
  t:特殊 = {
   *ユリ一輪のアイテムカテゴリ = 消費型アイテムとして扱う。
   *ユリ一輪の効果1 = ユリ1本とみなす。
   *ユリ一輪の効果2 = 受けとった相手は普段より少し無邪気になる。
   *ユリ一輪の効果3 = 贈った時の記憶強度が1.1倍になり、花を見る事でその日の事を思い出すことがある。
   *ユリ一輪の効果4 = 使用(プレゼント)してから7日で消滅する(枯れる)
  }
  t:→次のアイドレス = ユリのドライフラワー(アイテム)
 }

戯言屋:
 L:恥じらいの包装 = {
  t:名称 = 恥じらいの包装(アイテム)
  t:要点 = 赤くなる耳,赤くなる頬,赤くなる首
  t:周辺環境 = 真っ赤になって顔を伏せている相手
  t:評価 = なし
  t:特殊 = {
   *恥じらいの包装のアイテムカテゴリ = 消費型アイテムとして扱う。
   *恥じらいの包装の効果1 = このアイテムで包装した花をプレゼントすると、相手が普段より少し恥ずかしがる。
   *恥じらいの包装の効果2 = 1回使用すると消滅する。
  }
  t:→次のアイドレス = スーパー赤面タイム(イベント)
 }

芝村:
 桜子はニコッと笑った。

桜子:
 「ありがとうございます」


戯言屋:
 「はは。そう言っていただけたら良かったですよ」
  こっちも微笑みます。

芝村:
 桜子はユリを見て微笑んだ。

/*/

芝村 の発言:
 はい。お疲れ様でした

戯言屋@天領 の発言:
 お疲れさまでしたー

戯言屋@天領 の発言:
 ……くっ。最初は遊ぶと見せかけて情報収集でいくか、八重咲さんに選ばせようと思ったらっ
 七海+プレゼント で、むちゃくちゃ慌てたり喜んだりで、大変なことに(笑)

芝村 の発言:
 ははは。評価は+1+1でした。
 秘宝館には1、1で依頼できます。

戯言屋@天領 の発言:
 あー、じゃあ次は試練な気が。
 了解しました。

芝村 の発言:
 はい。では解散しましょう。
 お疲れさまでした。

戯言屋@天領 の発言:
 お疲れさまでした。ではー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0