戯言部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS にこにこしている人との会話

<<   作成日時 : 2011/05/09 18:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<編集:一部の発言順を読みやすいように並べ替えました>
<編集:一部の連続した発言をひとつにまとめて、誤字を直しました>



戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 こんにちは。
 生活ゲームを遊びに来ました戯言屋です。

芝村 さんの発言:
 記事どうぞ。

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 はい。記事はこちらになります。
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=6318&reno=6305&oya=6305&mode=msgview

【予約者の名前】16-00307-01:戯言屋:フィーブル藩国
【実施予定日時】2011年5月9日/17:00〜18:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・八重咲桜子:藩国非滞在:-10
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・16-00307-01:戯言屋:-0マイル:入学済

 今回のゲームでは、誕生日枠を使用します。
 使用根拠:http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=13287

芝村 さんの発言:
 イベント選択をどうぞ。

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 イベントは、試練を指定します。
とりあえず結婚の噂について事実関係を確認してから、ちゃんと八重咲桜子と話をしようと考えています。
(着用アイドレスは、高位西国人+手品師+摂政+ホープ+星見司2+互尊Cです)

芝村 さんの発言:
 試練? なにそれ。

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 いやいやいやいやいやっ

芝村 さんの発言:
 まあ、2分待て。

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 ゲーム前に、可能であれば以下のfを通します。

f:手品師や奇術師の行為が可能である = 側面:手品や奇術の道具の準備をしなくても、事前に道具を用意していたとみなせる。

f:フィーブル藩国は戯言屋の母国なので地理に詳しい = 側面:地図を持っていなくても持っているとみなせる。

芝村 さんの発言:
 OK けけけ

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 ぐぬぬ……

/*/

芝村:
 ここはフィーブル国だ。
 貴方は遠い目をしている。

戯言屋:
 Q:戯言屋が「結婚して幸せにやってると噂が広く流れている」とのことでしたが、PCの戯言屋が知ってる範囲で実際どういう状況なのか確認します。

芝村:
 A:噂であって実際は違うね。

戯言屋:
 相手と、どういう意図があって流された噂のようですか?

芝村:
 相手は隣国の貴族らしいと。意図はまあ、願いだろ。民衆の。

戯言屋:
 とりあえず、八重咲桜子のところに向かいます。

芝村:
 家の前についたよ。

戯言屋:
 隠れた護衛とかそういうのはついてますか?

芝村:
 いるね。キノウツンのムラマサが一人いる。女だ。

戯言屋:
 「何をしてるんですか?」
 とりあえず声をかけてみます。相手は隠れてますか?

護衛:
 「どうぞ。お好きなように」

戯言屋:
 怪しい……この人は、前回のキノウさんですか?

芝村:
 ええ。知らない振りをしてあげるそうだ。

戯言屋:
 え。なんか優しい。おおー

戯言屋:
「ありがとうございます。とりあえず、相手から姿が見えない位置で隠れて下さいね」

芝村:
 キノウは無視している。仕事はやるようだ。

戯言屋:
 ふむ。なるほど。
 キノウの現在の自分に対する好感度は、2・2くらいありますか?

芝村:
 4.4くらいかな。

戯言屋:
 あれ!? なんか妙に高い!?

芝村:
 試練だっけ。

戯言屋:
 そっちの試練じゃなくて、八重咲桜子の試練ですよ!

芝村:
 あんまりかわらん。

戯言屋:
 いやいやいやいやいやいやいやいやいやっ

戯言屋:
 ええと、噂の相手の隣国の貴族って、名前は何という名前ですか?

芝村:
 名前はあきらかでないな。

戯言屋:
 ええと、とりあえずキノウさんを撒こうと思います。
 優しい嘘(技術)で、「キノウさんがいると相手とうまく話せない気がするので、今回はやめておきます」と嘘を吐いて、いったん戻る振りをします。

芝村:
 キノウはついてくるよ。
 キノウはそっぽをむいている。

戯言屋:
 うーん。とりあえず、キノウさんをどうにかしよう。
 フィーブルさん(AI)と大事な話をしますと言って、とりあえずキノウさん抜きでフィーブルさんと相談する形を取りたいと思います。

芝村:
 フィーブルの力借りると、試練失敗だけどいい?

戯言屋:
 ぎゃー! そう来たかー!
 確認です。昔、ジャイさんの生活ゲームであった呪文は、誰でも使えるとのことでしたが、あれで移動してキノウさんを引き離すことは出来ますか?

芝村:
 出来ないと思う。

戯言屋:
 ふむ。奇術師ないのが痛い……

戯言屋:
「ええと。八重咲さんと話をするのを、どうして邪魔しようとするんですか?」
 と聞いてみます。

キノウ:
「どういうことでしょう?」
 キノウは怪訝そうな顔。

戯言屋:
 相手の表情とか、どうしても反応が隠せない目などに注意しつつ、確認してみます。

芝村:
 キノウは貴方が見ると頬を赤らめた。

戯言屋:
 いやいやいや!?

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
「前回、八重咲さんと話した時は、キノウさんのことを気にして相手がうまく話せなかったと思うので、出来れば姿が見えないよう隠れて欲しいんですよ」

キノウ:
「見ないふりは、してさしあげることは出来ます。でも、護衛ですので、ノーガードは無理です。石にされたと、きいています」

キノウ:
「家にあげて貰えばいいのです。 そうすれば、密室です。何がおきても、私にはわかりません」

戯言屋:
「石にされたというのは、どういうことですか?」

キノウ:
「暴漢に襲われて長らく入院したと聞いていますが?」

戯言屋:
 死ぬほど走って病院に向かいます。
 受け付けで八重咲桜子の病室などを聞いて確認してすぐに向かいます。

芝村:
 キノウに止められた。

戯言屋:
「なんで止めるんですか!?」

キノウ:
「あなたが、です。過去、襲われた事はご自分のことでしょう」
「あと。顔が近いです」

戯言屋:
「失礼」
 顔を離します。

キノウ:
「・・・そうしてください」

戯言屋:
 Q:顔のない男に襲われたのはナイトメアだったと思うんですが、自分は石になってたんですか?

芝村:
 A:ええ。

戯言屋:
 了解です。
 うーん。基本的に協力的みたいですよね。家にあげて貰えばOKとか言ってますし。

芝村:
 ええ。まあ。

戯言屋:
 とりあえず、八重咲桜子の家に向かいます。で、キノウさんには死ぬほどギリギリまで離れて貰う感じで。

芝村:
 キノウは、はいはいと距離をとった。

戯言屋:
 チャイムを鳴らします。

芝村:
 鳴らした。
 お母さんがでてきたよ。貴方を見て微笑んだ。

お母さん:
「どうぞこちらへ」

戯言屋:
「急にお訪ねしてすみません。失礼します」
 とりあえず警戒しながら、あとに続きます。

芝村:
 家に入れて貰った。
 お母さんは食卓に案内した。

戯言屋:
「自分は戯言屋というものです。このたびは八重咲桜子さんの件で、いろいろと御迷惑をおかけして、本当にすみませんでした」
 頭を下げます。

お母さん:
「迷惑・・・とは?」
 お母さんはにこにこしている

戯言屋:
 r:相手がアイドレスプレイヤーか確認します。

芝村:
 分からないね。

戯言屋:
「学校で急に妙なことを言って、退学させてしまったりしたことなど、いろいろです。あと、お母さんには分からないと思うのですが、自分のせいで、あの子には酷いことばかりを経験させてしまったと思います」

お母さん:
「なるほど。たとえば?」

戯言屋:
「ええと、信じられない話かも知れませんが、自分のミスで人身売買組織に売られて殺されたり、友達や家族と離ればなれになったことです。それでいて、自分はもっと早く、あの子を探すことが出来なかった。だいぶ遅かったと思います」

お母さん:
「別にあなたのせいではありません。 運が悪かっただけで」

戯言屋:
「それでも、自分が関与したことには代わりありません。あの子は子供で、自分は大人だ。大人には、子供を幸せにする義務があると思います」

お母さん:
「父親の気分だったと」

戯言屋:
Q:何が父親の気分だったんですか?
 あー、戯言屋が父親の気分だったかどうか、ですか?

芝村:
 ええ。

戯言屋:
「難しいところですね。一方的ですが、同じ、ええと、ゲームの仲間だと思ってましたし、個人的には数年したら口説こうとかも思ってましたが、どうでしょうね。ただ、大切だとはずっと思っていますし、これからもそうだと思います」

お母さん:
「下心があると」

戯言屋:
「うーん……あんまりないような気が。というのも、そもそも住んでる世界が違うというか。というか、相手はなんだかんだでまだまだ子供だと思います。将来のことは、将来の時に考えようかと。ただ、自分にその資格があるかどうかというと、全然ないような気もします」

芝村:
 お母さんはにこにこしている。

戯言屋:
「あの子が幸せになれば、とりあえず自分は、それでいいと考えています」
「ただ、あの子が現状の幸せでいいと考えていたら、やはり自分は、それを止めることになるとは、思います……」

芝村:
 お母さんはにこにこしている。

/*/

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 って時間切れですかシーン移動ですかー!?

芝村 さんの発言:
 貴方が家を出たとき、はて、あの家にあの子以外いたっけかと思った。

芝村 さんの発言:
 はい。お疲れ様でした。

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 お疲れ様でしたー
 というか、本人かも知れない相手にいろいろ喋ってしまったというか、いろいろ言いたいことがあった気がするのに言えなかった……orz

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 芝村さん、今週と来週は夜勤で、午前中は時間があるのですが、プラチナデートチケットを使用する場合、時間などは空いていませんか? それで試練やろうかと思います。

芝村 さんの発言:
 ああい。ではじかんつくるようします。
 では解散しましょう。おつかれさまでした。

戯言屋@フィーブル藩国 さんの発言:
 お疲れ様でしたー

月別リンク

にこにこしている人との会話 戯言部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる